心城院

行事案内

大般若経転読法要

『大般若経』とは、『西遊記』でも有名な三蔵法師玄奘(602~664)が漢訳した、あらゆる経典の中でも最大の経典です。この経典を供養すれば、至上のご利益がもたらされるとされ、国家安泰・五穀豊穣・除災招福などを祈願するため、日本では古来より盛んに修されてきました。

全600巻の膨大な『大般若経』を導師と衆僧が一斉に大声で読誦し、扇を広げるがごとく経本を空中にかざして転読します。この転読の際におこる風(梵風)に当たると、無病息災になるといわれております。

当山では一年に3回、正月、五月、九月の16日を恒例大祭ご縁日(※正五九参り)としております。法要当日には、玄奘三蔵や厄難を払う鬼神の姿の深沙大王など、『大般若経』を守護する神仏が描かれている『釈迦三尊十六善神図』が特別に内陣に掲げられます。

※正五九参りとは、古来より諸事を慎む月とされ、その厄払いに神仏を詣でる習わし。神仏のご利益が特に増大する月と言われている。
正月…物事の始まり
五月…物事が最も盛んなになる
九月…物事が実を結ぶ

厄年早見表

  前厄 本厄 後厄
女19歳 平成16年生
18歳
平成15年生
19歳
平成14年生
20歳
女33歳 平成2年生
32歳
平成元年生
33歳
昭和63年生
34歳
女37歳 昭和61年生
36歳
昭和60年生
37歳
昭和59年生
38歳
男25歳 平成10年生
24歳
平成9年生
25歳
平成8年生
26歳
男42歳 昭和56年生
41歳
昭和55年生
42歳
昭和54年生
43歳
男女61歳 昭和37年生
60歳
昭和36年生
61歳
昭和35年生
62歳

※生まれた年を1歳とする「数え年」で表記しております。

大般若転読法要 要項

法要日時 1月16日 15時から
5月16日 11時から
9月16日 15時から
ご出席された皆様方と共に、ご心願の成就を祈念いたします(要事前申込)。
申込方法 前日までお申し込み受付いたします。専用の申込書に必要事項をご記入のうえ、受付・FAX・郵送にてお申込みください。
申込書のダウンロード
または
お申し込みフォーム
よりお願い致します。
願旨(おねがいごと) お札一体につき一願まで
家内安全 商売繁盛 社運隆昌 事業繁栄 心願成就 当病平癒 厄除 金運
受験合格 開運招福 身体健全 交通安全 就職 縁結 安産 子宝成就  など
ご志納金 ・木札(大)約39㎝  10,000円より
・木札(中)約33㎝  5,000円より
・木札(小)約30㎝  3,000円より
ご志納金は、受付・現金書留・郵便振替にてお受けいたします。

郵便振替:00120 - 5 - 364299 宗教法人 心城院
*郵便局備え付けの、青色の「払込取扱票」に必要事項をご記入してください。
※プリントしても、ATMや窓口でそのまま使うことはできません。
(下の画像をクリックすると拡大されます)

授与方法 当日法要後、お札を授与いたします。
郵送も可能です。(郵送料一律200円)

※ご不明な点はお問い合わせください。

PAGE TOP
Copyright (C) 2013 Shinjyo-in. All Rights Reserved.
文字サイズ
標準
拡大