心城院

心城院について

江戸三十三観音

江戸三十三観音について | 昭和新撰江戸札所道しるべ(江戸札所会発行)より抜粋

観音さまの霊場三十三箇所を巡拝する「札所巡礼」は、古くから行われておりましたが江戸時代になりますと、全国的にその信仰が広まり、番外をふくめて札所から札所へと、それぞれの心願をこめながら辿る人が多くなりました。
「江戸札所」も享保20年刊の「江戸砂子拾遺」にその寺院名が記載されていることから、すくなくとも元禄の初期には、かなりの巡礼で賑わっていたことでしょう。

その後、いろいろな事情で衰退しておりましたが、近年「昭和新撰」として再興されました。順番どおり巡るのもよし、またどの札所からお参りされても結構です。
ご宝前では、「お経」を読まれるか、さもなくば「南無観世音菩薩」とお唱えください。なお、写経を霊場に納めて「納経印」をいただくのが本来ですが、ご参拝を終えたしるしに「納経帳」にご印を押していただくのがよろしいでしょう。

第七番札所本尊「十一面観世音菩薩」

観音さまは、観世音菩薩または観自在菩薩などといい、「広大無辺な慈悲心により、自由自在に世の中の音を観ずるほとけさま」とされます。観音さまは、あらゆる仏さまの中でも最も慈悲深い仏さまの一つです。あらゆるものを平等に観ずる清らかな観音さまの心は、ときに私たちの苦しみを除き、ときに楽を与えてくださいます。

浅草から巡り始め、目黒で打ち納めとなる「江戸三十三観音」うち、当山は第七番札所として選定されています。当山の観音さまは、十一面観音さまです。1尺(約30センチ)のお像で、慈覚大師円仁作と伝えられております。十一面観音さまは聖天さまの本地仏(本体)であり、どこの聖天さまも十一面観音さまと必ず一緒に祀られています。

ご朱印をお求めの方へ

【御朱印受付時間】
9時から12時
13時から16時

※12時から13時は、事前に書き置いた紙でのお渡しとなります。
※上記の時間以外でも、法要中や諸行事、その他応対できない場合は、書き置いた紙でのお渡しとなります。ご了承ください。
※本堂内が手狭なため、団体(5人以上)でのご参拝、御朱印をお求めの方は、必ず事前にご一報くださいますようお願い申し上げます。
※当山には駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

PAGE TOP
Copyright (C) 2013 Shinjyo-in. All Rights Reserved.
文字サイズ
標準
拡大